閉じる

北陸ポートサービス株式会社

メッセージ
こんにちは。代表の加治幸大です。当社のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
当社は「ポートサービス」の名の通り、港関係の仕事から始まった会社です。港内で、船の清掃や整備を請け負う会社としてスタートしたことが社名の由来です。当社の創業者である加治実は、一等航海士として世界の海を巡ったのち、当社を設立しました。
2代目である前社長は、船の清掃や整備のほか、港の外にも仕事の範囲を広げました。港で培った技術を活かしていろいろな仕事に取り組み、地域から必要とされる仕事があれば、どんどん飛び込んでいきました。
私は当社に入社して仕事を一から学び、事業を進めていくなかで、社員やその家族、地域の人のために、もっと何ができるのだろうかと模索しました。このころ、次世代社会のキーワードとして、「エコロジー」「リサイクル」「バイオマス(※)」などの言葉をよく目にしていました。私は、これまで処分していた木の皮など、つまり「バイオマス」を活用していくことが、すべての人と地域がより豊かになるための貢献であることに気付きました。
さらに、地元・富山県の会社や工場、家庭から出た「バイオマス」をもとに商品を作り、地元のお店と協力して販売していくことが、地元・富山県の経済の活性化につながるのではないかと考えました。そこで今では、木の皮や木くずなどの「バイオマス」から、植物を育てる ための土や堆肥を作ったり、発電したりする事業にも取り組んでいます。
このように「地元に根付いた企業が、地元の材料を使って、地元で作り、地元のお店が売って、地元の方が使う」という仕組みを「地域資源循環」といいます。この仕組みをまず富山県に定着させ、日本全体に広げていくことで、地域社会の発展を応援していきます。
実は、創業者の父、つまり私の曽祖父は、船で能登から木材を運ぶ仕事をしていました。今、また木に関わる事業を手掛けていることに、不思議な縁を感じています。私たちは当社のルーツであり、地域のニーズに応えるなかで広がっていった港関係の仕事「港湾運送関連事業」と、これからの地域社会の発展を支える「地域資源循環事業」を通じて、地元の会社やお店を応援し、ご家庭での暮らしをより豊かにし、子供たちが健やかに成長できるよう、これからもお役に立っていきます。
また、社員や家族の皆さま、お取引先様や地域の皆さまの誇りとなる企業を目指して、邁進していきます。
※バイオマス…動物や植物からできたリサイクルできる物質。石油や石炭などは含まれません。
代表取締役 加治幸大
沿革
1967北陸ポートサービス株式会社設立 船舶清掃・船舶整備の営業開始
1968日本通運株式会社富山港支店と通船業務に関する契約を締結
1976産業廃棄物収集運搬業許可。産業廃棄物事業に進出
1978くん蒸業務許可取得
1981有害不快害虫獣駆除業務
1985バーク堆肥事業開始
1996富山新港C地区南部工業用地取得及び堆積バーク57万㎥処理に着手
スミリン農産工業より製造ノウハウの提供を受け本格的なバーク堆肥事業に参入
1998富山新港C地区南部工業用地取得 発酵槽増設
1999対外貿易開始
2001自社ブランド堆肥販売開始
2002本船くん蒸業務の営業開始
2006射水市内の小学校で環境教育の一環としてバイオマス教育と食育のサポート
2010バイオマス利活用堆肥化施設設置
2011射水市、富山県立大学、いみず野農業協同組合、社団法人地域環境資源センターで構成する
「もみ殻循環プロジェクトチーム」に参加
2013富山県より未利用の間伐材等を使用する木質系バイオマス発電施設整備事業実施候補者に特定
2015別会社グリーンエネルギー北陸として発電施設を稼働